美容院に行ってなさすぎで困る

自分がわからない瞬間です

もう4ヵ月以上美容院に行っていません。前髪は伸び放題で後ろ髪は不揃い&パサパサです。そして一番辛いのが、カラーリングした髪が伸びに伸びて根元がプリン状態だということです。根元の黒色を放置していると、どうしてもズボラで不幸なオーラが漂います。

 

 

だらしない女丸出し状態で過ごしていると、何だかやる気も出ません。お気に入りの服を着ても肌の調子が良くてメイクが上手に出来ても、プリンヘアーのせいで第無しに見えてしまいます。だったら早く美容院に行ってカラーリングをしてもらえば良いのですが、なにかと忙しくてゆっくり美容院に行く暇がありません。

 

 

いや、夏のレジャーで出費がかさみ、予算不足で美容院を節約しているのが正直な理由です。こうなったらだらしなく伸びた髪を味方につけ、プリンヘアーでも上品にに見えるヘアアレンジで夏を乗り切るしかありません。

 

 

 

調べたり実際に鏡を見ながら練習したりして、自分なりのプリン隠しヘアアレンジを考案しました。

 

 

まずNGなのは、そのままのロングヘアでいることです。生え際をなるべく隠すことが重要となります。一番簡単にプリン部分を隠せるのは、ゆるゆわお団子ヘアです。髪をアップにしてゆるめのお団子を作り、無造作にほぐします。

 

 

 

アップヘアとあり、夏にぴったりのヘアアレンジだと思います。襟足がすっきりして涼しげです。髪の毛で作るカチューシャヘアもプリン隠しに有効です。髪の毛全体を2つに分けてそれぞれをねじり、毛束を上に持ってきてピンで留めます。この際に顔周りにわざと後れ毛を作っておくのがポイントで、最後にその髪の毛をコテで巻きます。

 

 

こちらも涼しげで夏にぴったりです。編み込みでカチューシャを作るのも、根本のプリンが隠れるのでお勧めです。ちょっと前から流行って最近定番化してきた“クルリンパ”もプリン隠しにもってこいです。

 

 

クルリンパを少しずつ沢山作り、ほぐして根元をごまかします。毛先をコテで巻いてピンでとめると、かなりこなれた感じのヘアアレンジが出来上がります。毛先をそのままシニヨンにして、ゴムやピンでとめるとスッキリします。手持ちのカチューシャやバンダナを使って色々アレンジするのも、髪の毛の根元を隠せる良いワザだと思います。

 

 

このように、プリンヘアのままであっても少々手の込んだヘアアレンジをプラスすれば、一気にやぼったさから脱出して垢抜ける事が出来ます。せめて今月はヘアアレンジで乗り切って、プリンヘアのまま9月まで突入させたいと目論んでいます。